筋肉の衰えによる顔のたるみは美容皮膚科での治療が良いの?


表情筋は、顔の皮膚のに直接ついている筋肉のことです。
これが衰えることにより、顔のたるみやしわの出現、ハリが失われたりします。

表情筋は、意識的にトレーニングをしなければ、効果を実感することができません。
また、生活習慣の乱れや、普段の顔の使い方、食べるときの咀嚼の癖が影響していることもあります。

このようなことに気を配りながら生活するだけでも、顔のたるみは改善できることがあります。
ただ、それだけでは物足りなさが出てしまいます。

そんなときは、美容皮膚科で治療を受けることをおすすめします。
現在は、さまざまな治療法があります。

手術で髪の毛の細さほどの金の糸を皮膚の下に入れるという方法があります。
非常に効果的ですが、MRI検査において正常に検査を受けることができないというデメリットがあります。

一度入れると抜去することができないので、メリットとデメリットをはかりにかけ、よく考えてから施術します。
また、手術の必要がないレーザーや超音波、ラジオ波(高周波)の治療もあります。

ボトックス注射や、ヒアルロン酸注射でも対応可能です。
顔のたるみが気になる方は、いちど美容皮膚科で相談することをおすすめします。 

サイトマップへ