美容皮膚科での顔のたるみ治療のダウンタイムはどのくらい?


スキンケアやマッサージなどのケアをしっかり行っているのにも関わらず、
顔のたるみが気になるという方も、多いのではないでしょうか。

このような肌の悩みを解消するなら、美容皮膚科での治療が最適です。
クリニックでは主に、ラジオ波やレーザーなどを照射する治療や、
ヒアルロン酸やボトックスを注入する治療で、顔のたるみを改善します。

メスで顔の皮膚を切開しない事もあり、手軽に受けられるとして人気となっています。
ただ、顔に直接施術を行うという以上、気になるのがダウンタイムです。

ラジオ波やレーザーでの治療の場合、施術後数時間程度、皮膚に赤みが出るケースがあります。

ただ、赤みも数時間、長くても翌日には引いてしまうので安心です。
ヒアルロン酸やボトックス注入といった治療の場合、施術後3日間程度のダウンタイムがあります。

ですが、痛みや腫れといった症状も少なく、施術翌日からメイクも行えるので、
仕事を休まずに施術を受けられます。

このように、ダウンタイムの期間が短いという点も、美容皮膚科での顔のたるみ治療で得られるメリットと言えるでしょう。